トップ > トピックス > HRJ活動報告 > 「第5回 医療と産業の国際交流シンポジウム in関西」

トピックス

2014.05.12 
「第5回 医療と産業の国際交流シンポジウム in関西」

2014年4月19日(土)、一般社団法人医療国際化推進機構http://imsaj.com/の主催で、経済産業省近畿経済産業局、大阪府、日本医療機器産業連合会 大阪国際フォーラム、JICA関西、一般社団法人Medical Excellence Japan、在ベトナム社会主義共和国総領事館のご後援を賜り、「第5回 医療と産業の国際交流シンポジウム in関西」が大阪大学中之島センターで盛大に開催されました。

はじめに「日本のODAと医療分野の国際協力~日本の経験・ノウハウを途上国に生かす~」と題して、独立行政法人国際協力機構(JICA)関西国際センター所長 築野元則様よりご講演戴きました。次に「成長戦略について~医療健康産業・国家戦略特区・TPPなど~」と題して、内閣府副大臣 西村康稔様よりご講演戴きました。それぞれ約1時間の貴重なご講演の後、一般社団法人医療国際化推進機構理事長 吉川敏一先生(京都府立医科大学学長)が座長をされて、講師とフロアの参加者との質疑応答が熱心に展開されました。

八重桜の咲きほこる中、夕刻からやや冷え込んだ土曜の夕方にも関わらず、大阪大学中之島センター10Fの佐治敬三メモリアルホールには、これまでの来場数を上回る130名近い参加者にお越し戴き、講演終了後の情報交換会にも多くの皆様がご参加されました。

弊社は今回も受付接遇、誘導等の業務を担当させて戴きました。「医療と産業の国際シンポジウムin関西」は回を増すごとに多くの皆様に足を運んで戴いております。次代の先端を担う医療シンポジウムのお手伝いを出来ますことをスタッフ一同、御礼申し上げます。
 

<シンポジウム風景>

2014シンポジウム1.jpg

2014シンポジウム2.jpg

2014シンポジウム4.jpg

2014シンポジウム3.jpg

一覧へ

ページトップ